プロフィール

柊堂結貴(Yuki Tohdoh)

Author:柊堂結貴(Yuki Tohdoh)
当ブログのメインはお人形です。
苦手な方は閲覧をご遠慮くださいませ。

------†当家住人†------
*李桜(Liou)…SDGr F-14&子天使白蓮
*梓宵(Shiyoh)…ワンオフSD13B Williams
*薔薇(Sorhi)…ワンオフSDGrB Crystal
*葵依(Aoi)…SDGrB支倉常長
*琴梨(Kotori)…SDシャルロッテ 
*白雪(Shirayuki)…SDリーゼロッテ
*月影(Tsukikage)…SDGrB支倉常長
*椿季(Tsubaki)…SDGr沖田総司.R.G 
*白夜(Byakuya)…SDリゲル

*ユーリ(Juli)…Peppi


(2010.05.30設置)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼さ故に。

Category : *Gallery*
167.jpg 
椛奏、1人で偉そうに椅子に座る、の図。
 
元々椛奏には貴族の坊ちゃんと言う埋没しかけの設定があるのですが…
あまりに李桜や橘コンビに振り回されていて、そんな風には普段全く見えないと云う。
   
だけどこうして偉そうに座っていると見えなくもない、かなっと。
メイク変更してから椛奏はちょっとしっかりしたような気がします(笑)

ただ椛奏にはお兄ちゃんがいて、李桜は従姉弟でぼーっとしているけどやっぱり年上で。
橘ズは見た目はアレでも天使で椛奏の倍くらい生きていて、梓宵のことは先生と呼ぶくらい尊敬している年上で。
つまり我が家で椛奏はどう足掻いても末っ子キャラ。

なので、当家住人の誰かと一緒だとどうしてもふにゃふにゃして見えるんですよねー(笑)
本人は大人になりたいのですが、…だが断る!!!←←
  




でもまぁいつもそんな扱いじゃ可哀想なので。
以下、当家のウェットな設定を反映している写真たち。
なんか思ったより…な展開に管理人でもなったので(をい)、苦手な方は注意です!!




   
140.jpg 
  
物心つく前から兄上様に言われてきた。

「あの方は椛奏の従姉弟。大切な方だよ」
  
僕と兄上様は母親違い。
だけど僕は兄上様を尊敬していて、だから兄上様が御守りするあの方を僕も大切にしたいと思った。
  
それがあの方に興味を持ったきっかけ。
それ以外に従姉弟だからと言って、話したこともなかったあの方にそれまで何の感情も抱いていなかったから。
   
171.jpg 
   
けれど側にあがってあの方を知れば知るほど、どうにもならない感情が湧いてきて。

僕の名を呼ぶ声が愛しくて。
笑った顔が大切で。

その気持ちをどうしたら良いのか分からなくて、兄上様に聞いたら  
  
「今はその感情を大切にしなさい。いつかは…」
  
と言葉を止めて少し困った顔で笑われ、頭を撫でられた。
     
173_20101114204342.jpg 
   
兄上様は僕の気持ちに名前をつけたりはしなかった。
そして否定もしなかった。

だけど僕は気付いてしまった。
これは恋で、これは気づいてはいけない感情だったのだ、と。
   
143.jpg
 
   
そうしたら今度は兄上様そっくりのお顔の、僕ともあの方とも従兄弟の関係にある方に言われた。
  
「お前はまだお子様で、世間を知らなくて。だから今は1番近くにいるあいつに錯覚を起こしているだけだ」
  
そうなのだろうか…?
それならば、それで良い。
だってこれは決して叶わぬ想いなのだから。
      
154_20101114203409.jpg 
   
そう、あの方は違う方を想っている。
僕でも兄上様でも先生でもなく、もっと違う、別の所から来た人を。
ずっとは側にいられないのに、あの方はそれでも彼を想っている。

あの方が笑うのは嬉しい。
だけど何故か苦しい。

もし兄上様と同じ顔の方が言うように、この感情が僕が子供だから持つものだとしたら。
僕は早く大人になりたい。
早く心からの笑顔であの方を祝福してあげたい。
   
157_20101114203958.jpg 
   
だけど、だから、どうかそれまでは。
それまではこの幼い想いを抱くことを許して下さい。

きっと急いで大人になって見せますから。
兄上様のように、先生のように、兄上様そっくりの僕の従兄弟殿のように。
しっかり自分の気持ちをコントロールできる大人に。

   
166.jpg 
   
そうして僕は今日も道化て手を差し伸べる。
笑顔が歪んでいても気付かないで。
  
158.jpg 

今だけ、特別に大好きな貴女。


―――それは幼さ故に理想が高く、真面目さ故に儚い少年の秘められた決意。
 




***
  
兄たちの言葉は椛奏を想ってのモノ。
それが分かっているから、椛奏もいっそう大人になれるよう努力するのです。

誰にもそれが幼さ故かどうかなんて分からないのに。 
スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。