プロフィール

柊堂結貴(Yuki Tohdoh)

Author:柊堂結貴(Yuki Tohdoh)
当ブログのメインはお人形です。
苦手な方は閲覧をご遠慮くださいませ。

------†当家住人†------
*李桜(Liou)…SDGr F-14&子天使白蓮
*梓宵(Shiyoh)…ワンオフSD13B Williams
*薔薇(Sorhi)…ワンオフSDGrB Crystal
*葵依(Aoi)…SDGrB支倉常長
*琴梨(Kotori)…SDシャルロッテ 
*白雪(Shirayuki)…SDリーゼロッテ
*月影(Tsukikage)…SDGrB支倉常長
*椿季(Tsubaki)…SDGr沖田総司.R.G 
*白夜(Byakuya)…SDリゲル

*ユーリ(Juli)…Peppi


(2010.05.30設置)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋色に燃える

Category : *Kotori…シャルロッテ*
506.jpg 
   
   
シルバーウィーク最終日。
このお休みは撮影会に行ったり、ふらふら出かけたり、まったり過ごすことが出来ました。
5連休とか年末年始のお休みより長いので本当に嬉しかったです。
   
  
で、そんな最終日の今日は曼珠沙華を見に行ってきました。
ことりを連れて。
   
  
524_201509231728133a0.jpg 
   
  
事前に商用目的ではないということで撮影許可の確認は取っておりますが、場所は伏せておきます。
某所、というだけにとどめさせてくださいませ。
その日の混雑とかによっても違うかもしれませんので。
  


以下、写真が続きます。
似たり寄ったり、枚数多めです。






479_20150923172629952.jpg 

  
  
撮影可でもやはり人様の目に堂々触れて良い趣味であるかは疑問なので、ほぼ始発で行って参りました。
それでもご年配の方の朝は早い!!!
何とか人の少ない場所を探して、カバンの中にすぐしまえるようにしながら撮りました。
   
撮りました、…が。
   
結局いろいろな方に話しかけられ、写真を撮って頂きました。
笑え…ない。
でもお子さんとかと撮影して喜んで頂けたのでまぁ良いかな、と甘いことを。
   
   

492.jpg 
  
  
   
人形に好意的でなければそもそも無視されると思うので、当たり前ですが皆さん興味しんしんで。
「作ったの?」「こういうのをお勉強してるの?」等々の質問からずばり「おいくら?」ということまで。
いろいろ聞かれました。
   
でも1番驚いたのは祖母くらいの一眼レフカメラを持った方々がブログに写真を載せて良いか聞いてきたこと。
ブログ…!!!
おばあちゃんたちすごいです。
   
  
497_201509231726370f3.jpg    
    
    
あと自分の父よりも若いくらいの男性の方に
  
「興味深い世界を見せて頂きました」
   
と言われたのも後からじわり。
いくら年を重ねても知らない世界は当たり前に沢山存在するんだろうな、と。
   
更に更に外国人のお姉様に片言で「かわいい、かわいい…とてもかわいい」と言われたことに萌えました。
可愛いのはお姉様です。
   
  
504_20150923172638ae0.jpg


取り敢えずそんないろいろもありつつ、こそこそ撮った写真たち。
慌て過ぎて半襟とかえらいことになっていますが、そこは目をつぶって頂けると。
   
  
 513.jpg  
   
    
個人的には彼岸花より天上に咲く、おめでたいことの兆しに赤い花が降るという由来の曼珠沙華という呼び名が好きなのですが、本当にこの鮮やかな緋色が美し過ぎて何処か不安な気持ちにもなります。
   
  
516.jpg 
     
    
520_2015092317272424c.jpg 
  
  
後ろにあるリボンを撮りたかったのですが、スタンドが見えそうだったので断念。
   
  
522_201509231728120e9.jpg   
   
  
ことりの今日のウィッグは陽毬(DDマリコ)のデフォルトウィッグ。
もう少し柔らかい亜麻色の髪がことりには理想なんですが、この色も似合いますvV
   
  
528_20150923172814f88.jpg 
   
  
531.jpg  
   
  
532_20150923172817650.jpg 
    
  
李桜(SD F-14)や白雪(リ―ゼロッテ)には和装があまり似合わない気がしてなかなか着せる気にならないのですが、ことりは似合うなぁと。
ウィッグと瞳の色が暗いからだとは思いますが。
   
  
535_20150923172854ba3.jpg 
     
大正時代の女学生のよう。
   
  
540_201509231728550d2.jpg 
   
  
ちょっとおさげが張り切り過ぎてる気もしますが、今日1番のお気に入り。
彼方の世界へ誘われそう。
   
  
543_201509231728575b1.jpg 
   
  
548.jpg
     
    
「それではまたいつか。貴方が此方にいらっしゃるそのときに」
   
   
  
  
ついでに何枚か花だけの写真を。
   
  
557.jpg 
   
  
558.jpg 
     
  
559.jpg 
   
  
561.jpg 
   
   
566_20150923172938d2a.jpg
   
  
赤の中に凛と。
   
出店的なところで食べた郷土料理もおいしかったし、来年も行けるようであれば今度は身軽に夕方の曼珠沙華を見てみたいなぁと思いました。
薄闇に浮かぶ赤は更に異界の気配が強くなりそうですが(厨二)
   
明日からまたお仕事頑張ります~!
  
   
   
   

  










  
スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。