プロフィール

柊堂結貴(Yuki Tohdoh)

Author:柊堂結貴(Yuki Tohdoh)
当ブログのメインはお人形です。
苦手な方は閲覧をご遠慮くださいませ。

------†当家住人†------
*李桜(Liou)…SDGr F-14&子天使白蓮
*梓宵(Shiyoh)…ワンオフSD13B Williams
*薔薇(Sorhi)…ワンオフSDGrB Crystal
*葵依(Aoi)…SDGrB支倉常長
*琴梨(Kotori)…SDシャルロッテ 
*白雪(Shirayuki)…SDリーゼロッテ
*月影(Tsukikage)…SDGrB支倉常長
*椿季(Tsubaki)…SDGr沖田総司.R.G 
*白夜(Byakuya)…SDリゲル

*ユーリ(Juli)…Peppi


(2010.05.30設置)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫は自由の夢を見る

Category : *Mao&Nao…YSDネオン*
315_20130611235603.jpg 
2人一緒に檻の中
気づいた時には檻の中
      
317_20130611235604.jpg 
  
ずっとそうだったから窮屈なんて分からなくて
退屈なんて思わなくて
  
それが普通、だった
    
299.jpg 
    
なのにある日、茉緒だけ自由
菜緒は檻の中
  
いつも一緒だった2人引き離されて
「可哀想なあの子と共にいて欲しい」と言われた
「2人一緒には無理だけど茉緒だけでも」と
  
僕らをただのネコからこの姿にしたあの子
     
295_20130611235449.jpg 
     
だけど僕らは離れることが怖くて

檻の中は外に出たら窮屈だったと感じても
2人一緒にいられないなら檻の中が良いと思った
  
そう全部話したら あの子は笑った
   
「それが良い 今はまだ此処の方が安全だ
俺は1人でも 大丈夫だから
でもこれからも不自由な想いをさせて ごめん」
  
いつもどおりじゃない顔で笑った
   
313.jpg
  
だから僕らはあの子が遠くへ行く日
初めて檻から自分たちで外に出た
  
沢山の人が追ってきた
でもあの子を1人ぼっちに出来なくて
   
いっぱい いっぱい 転んで それでも頑張って
あの子を探した
   
286_20130611235447.jpg 
   
あの子はずっと後悔してた
僕らをこの姿にして 檻で過ごさせる目に合わせたこと
  
でも僕らは恨んでないよ 伝えたくて
弱い僕らを助けるためにこの姿にしてくれて ありがとう
そのせいでもう力が使えなくなって ごめんね
言いたくて
   
やっと見つけたとき 伝えたかったこと伝えたとき
あの子は初めて僕たちの前で泣いた
329_20130611235606.jpg 
     
だからね 葵依ちゃん
僕らはね ずっと葵依ちゃんと一緒
  
野良で弱っていた僕らを
人間にしてまで助けてくれて ありがとう

葵依ちゃんにもらったこの命で  
僕らは自由の夢を見る
  
あの子を過去と言う鳥籠から出してあげる夢を




な、長らく更新していなかったと思ったらいきなりのストーリー写真すみませんでした\(^o^)/
   
どうしようかな、と考えた結果何故かここに←
そしてこれだけじゃ意味が分からないと思うので、勝手に補足説明。  

茉緒菜緒は元々は普通のネコ。
だけど親もいない野良猫、ある日お城の庭で行き倒れになって。
もうそのままの姿じゃ助かる見込みもなくて。
衛兵たちに処分されそうになっていたところにその城の末王子の葵依が通りがかって。
   
1554.jpg
  
葵依は唯一李桜たちとは違う国の子。
神の恩恵で平穏を保たれている李桜の国とは違い、王族の魔法で平穏を維持していた国の子。
でもその王族の力は年々弱まり、国民の不安と不満をあおるようになっていて。

葵依はそんな中、例外的に他の兄弟よりも強い力を持っていて。
本来は使ってはいけない、使えないはずの力を使って死にかけのネコの姿を人に変えて助けた。
人間の方がまだ治癒力は高かったから。

そうして無事にネコは助かったけれど。
そのせいで葵依は力が全く使えなくなり。
焦った臣下はネコを殺せば葵依に力が戻るんじゃないかとバカなことを言うけれど、そんな訳がなくて。
2人を守るために葵依の双子の兄姉は子猫を誰にも近づけないよう結界を張った檻に閉じ込めた。
  
数年後、王族として役に立たなくなった葵依は他国へ人質同然に送られることになる。
それを心配した葵依の双子の兄姉がネコ2人を側にせめて付けようとするんだけど、魔法がかかった2人はいつかもしかしたら役に立つかもしれないと反対され。
ならば1人でもと社交的な茉緒だけでもと檻から出す。
でも2人はずっと一緒だったから引き離されることが怖くて、というところからのお話です。

前置きが長すぎるwwwww
そしてファンタジー…!
   
989.jpg 
   
因みに葵依が野良猫だった茉緒菜緒を助けたのは王族の力が弱まっていることで他国に狙われ始め、焦った臣下たちに他の双子の兄姉以外の力の弱い兄弟が廃嫡または他国へ人質にされているのを見ていて、そうやって意図も簡単に切り捨てられる兄弟と小さな命がだぶって見えたからです。
   
そんなわけで茉緒菜緒双子は誰よりも葵依の幸せを願っています。
葵依ちゃん命!!!
   
因みに「葵依ちゃん」という呼び名は茉緒しかしませんが、これは葵依のお姉ちゃんの呼び真似。
葵依が寂しくならないように。
菜緒は普通に「葵依さま」と呼んでいます。 
葵依が思い出して悲しくならないように。
今はもう葵依の祖国はなく、双子の兄姉もいないのですがね…   

   
葵依に関してももっと深く設定を考えているので近々それも書けたらと思うのですが、何時になることやらです…!
   
いつもこんな放置気味サイトにパチパチありがとうございます。
本当に励みになっております。
これからもお暇な時にでもお付き合い、宜しくお願いします。


スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。