プロフィール

柊堂結貴(Yuki Tohdoh)

Author:柊堂結貴(Yuki Tohdoh)
当ブログのメインはお人形です。
苦手な方は閲覧をご遠慮くださいませ。

------†当家住人†------
*李桜(Liou)…SDGr F-14&子天使白蓮
*梓宵(Shiyoh)…ワンオフSD13B Williams
*薔薇(Sorhi)…ワンオフSDGrB Crystal
*葵依(Aoi)…SDGrB支倉常長
*琴梨(Kotori)…SDシャルロッテ 
*白雪(Shirayuki)…SDリーゼロッテ
*月影(Tsukikage)…SDGrB支倉常長
*椿季(Tsubaki)…SDGr沖田総司.R.G 
*白夜(Byakuya)…SDリゲル

*ユーリ(Juli)…Peppi


(2010.05.30設置)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東北地方太平洋沖地震」

Category : *Yukitachi…YSDナナ.S.D*
177_20110312221039.jpg  
  
皆様、御無事でしょうか。
私は家族、親戚共々、無事です。
   
今回の地震は本当に初めて「死」を身近に感じた出来事でした。
地震が起きたのが大体14時半ごろだったと思いますが、その後深夜を超えるまで母と連絡が取れず、職場から38km先の自宅まで歩き、今朝方ようやく帰ることが出来ました。
  
結果として、母は無事。
停電、ガス停止にはなっていたものの、家も大きな被害はありませんでした。
ドール達も本棚の本が落ちてしまった為、そこに座っていた李桜と蘇芳が落下していましたが、運良く下にあったクッションのお陰で傷1つありませんでした。
  
李桜に至ってはいつも以上にニコニコして見えて。
母と再会できたときに思い切り泣いたはずの涙が再び零れました。
 185.jpg

ドールには当たり前ですが命なんてない。
人命が1番でいざとなったらただの物。
けれど私にとって彼女たちは幸せの象徴。
平和だからできる人形趣味だと思います。
  
だからこそ李桜の笑顔を見れたことが本当に嬉しくて、心から安心しました。
   
   
以下、今回の地震に関連していろいろと。
  
   
160_20110312221039.jpg 
  
真夜中とも言える時間、車の排気ガスに喉をやられそうになりつつ何時間も歩いていると不意に優しい香りが。
目の前のお宅のお庭に咲いていた桃の香りでした。
その香りに励まされ、めげそうになっていた足を叱責してまた歩くことが出来ました。
   
花は、木は、草は強いですね。
二酸化炭素を吸って酸素を与えてくれるだけでなく、こうして癒しもくれる。
   
真夜中の闇に浮かぶ、桃色は無性に美しくて、その美しさ故に胸が苦しくなりました。
今回、参加するはずだった前夜祭は地震の為、キャンセルしました。
来るはずだったウナはどうなるのかボークスの方でも検討中だそうですが、もし来てくれることになったら4月に来ても「桃」という字を入れた名前にしたいと思います。
   
183_20110312221038.jpg 
   
そう前夜祭のことなのですが。
今回は相方と相談し、キャンセルすることにしました。
里へキャンセルの電話したとき、出て下さった店員さんが本当に何度も何度も心配して下さいました。
そのお心遣いにそれが客商売としての当然の対応としても、嬉しく思いました。
   
ボークスが里フェアもドルパも開催することに反対される方は多いですよね。
私も最初は不謹慎だと思いました。
けれど実際は近畿には地震の被害はなく、東海道新幹線も通常運行。
別にしてはいけない理由はないし、きっとボークスだって震源地でもあった宮城県にあるSRが心配なはず。
私ですら会ったことはなくても東北地方にある支店の方々が心配ですもの。
むしろイベントを決行することで、不安を取り払おうとしているなら存外悪くはないのかもと思います。
      
家族がいて、
友達がいて、
恋人がいて、
家があって、
温かいご飯が食べれて、
温かいお布団で眠れることが出来る。
   
こんな当たり前のことが、今当たり前じゃない方々が同じ日本に沢山いらっしゃる。
どうかどうか1日も早くそんな当たり前の日々が皆様に戻りますように。
緊急地震速報が携帯に届いて怯える日々が早く解消されますように。
私にとっての平和の象徴であるドールが、同じように趣味である方にとって癒しになりますように。
   
164_20110312235043.jpg      

「1人じゃない」
「大丈夫」
そんなありきたりな台詞、今までは大嫌いでした。

「怖い」
「辛い」
「悲しい」
「どうしよう」
そんな他人にはどうしてもらいようもない言葉、口に出しても無意味だと思っていました。
   
けれど今回のことで言葉に出すって本当はとても大切だと思いました。
だから敢えて言います。
私が不安なとき不意に出た言葉に皆様が「大丈夫」と励まして下さって少しでも安心できたように。
届かなかったとしても、万が一でも届く可能性があるのなら。
   
   

大丈夫、きっと助かる、また笑顔になれる。
1人じゃないよ。
近くにいられなくても一緒だよ。
今が辛い分、絶対幸せになれる。
だから諦めないで。
不安だったら不安を声に出して。
教えて、その気持ちを。
お願いだから1人だと思わないで。

いつか会って、笑いあえることを楽しみにしてるから。

   
被災地の方、
そこへ助けに行っていらっしゃる自衛隊や多くの皆様が1人でもどうか無事でありますように。
心からお祈り申し上げるとともに、私自身も出来る限りのことをしたいと思います。
まずは献血と募金と電力節約。

それでは失礼します。


結貴 拝  



スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。